韓国の書院

  • twitter
  • facebook
  • copy
  • print
  • 韓国の書院
  • 韓国の書院
  • 韓国の書院
  • 韓国の書院
  • 韓国の書院
  • 住所
    • 紹修書院:慶尚北道 栄州市 順興面 小白路2740
    • 灆渓書院:慶尚南道 咸陽郡 水東面 灆渓書院キル 8-11
    • 玉山書院:慶尚北道 慶州市 安康邑 玉山書院キル 216-27
    • 陶山書院:慶尚北道 安東市 陶山面 陶山書院キル154(陶山面)
    • 筆岩書院:全羅南道 長城郡 黄龍面 筆岩書院路 184
    • 道東書院:大邱広域市 達城郡 求智面 求智西路 726(求智面)
    • 屏山書院:慶尚北道 安東市 豊川面 屏山キル 386
    • 武城書院 : 全羅北道 井邑市 七宝面 院村1キル 44-12(七宝面)
    • 遯岩書院 : 忠清南道 論山市 連山面 林3キル 26-14
  • 問合わせ
    • 韓国観光案内電話:+82-2-1330
      (韓国語, 英語, 日本語, 中国語, ロシア語, ベトナム語, タイ語, マレー)
    • 紹修書院 : +82-54-639-7691,5
    • 灆渓書院 : +82-55-960-4537
    • 玉山書院 : +82-54-779-6100
    • 陶山書院:+82-54-840-6599
    • 筆岩書院:+82-61-390-7226
    • 道東書院:+82-53-668-3162
    • 屏山書院:+82-54-858-5929
    • 武城書院 : +82-63-539-5184

概要

「韓国の書院」は2019年、韓国の14番目の世界遺産に選ばれました。 「韓国の書院」は韓国的特性がよくわかる性理学教育機関として紹修(ソス)書院、灆渓(ナムゲ)書院、玉山(オクサン)書院、陶山(トサン)書院、筆岩(ピラム)書院、道東(トドン)書院、屏山(ピョンサン)書院、武城(ムソン)書院、遯岩(トナム)書院の9ヶ所で構成されています。これらの書院は16世紀から17世紀に設立された、性理学を教える教育施設で現在に至るまで韓国の性理学と関連した文化的伝統がよく保存されているという点において世界遺産の必須条件である「顕著な普遍的価値」を認められました。

紹修書院は朝鮮中期の学者である周世鵬(チュ・セブン)が建立した白雲洞書院がその始まりです。朝鮮初の書院であり、王から書院の名が書かれた扁額を下賜され、国の公式支援を受けた書院です。 紹修書院は他の韓国書院のもつ典型的な配置とは異なり、儒生たちが勉強する空間として使われた直方斎と日新斎が続けて配置されています。

陶山書院は韓国を代表する儒学者でありソンビ(学徳をそなえた人に対する敬称)である退渓・李滉(イ・ファン)の学問と徳行を追慕するために1574年に建立された書院です。主教育施設を中心に配享空間と付属の建物で構成されており、書院の建築物は全体的に簡潔・質素で、退渓・李滉の品格と学問を学ぶソンビの姿勢をよく反映しています。

屏山書院は高麗時代の儒林の教育機関であった豊山県に位置した豊岳書堂を今の屏山に移したのがその始まりです。位牌を祀るところと勉強する大講堂、儒生たちの宿舎と書斎で構成されています。また、ここは書院の草創期における建築様式を呈しており、書院前には洛東江が流れ、韓国性理学の伝統と美しい自然景観が調和しています。

遯岩書院は沙溪・金長生(キム・ジャンセン)の思想をつなぐために創建されました。この書院は1660年に朝鮮第18代王・顕宗が「遯岩」と名づけました。

「韓国の書院」9ヶ所は興宣大院君による書院撤廃令が出された時にも撤廃を免れ存続した書院です。

リンク

ソースImagine your Korea