南漢山城

フェイスブック ツイッター コピー 印刷
南漢山城
  • 南漢山城
  • 南漢山城
  • 南漢山城
  • 南漢山城

住所

京畿道 広州市、城南市、河南市一帯

問合わせ

韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

ホームページ

http://jpn.cha.go.kr/japanese/html/sub2/sub11.html

概要

南漢山城道立公園は朝鮮時代、非常時に臨時首都として機能するように築かれた城で、正確な築城時期は明らかになっていません。中国や日本などの影響を受けながら築城技術が発達したことが分かるという点で、歴史的・文化的価値があります。

東西南北にそれぞれ4つの門と門楼があり、城の中には守禦庁、倉庫、行宮などがあります。主要文化財としては守御将台、長慶寺、行宮、崇烈殿、清涼堂があります。

守御将台は南漢山城に建てられた4つの将台の中で現存する唯一の建築物であり、南漢山城のなかで最も高い日長山の頂上にあります。丙子胡乱では仁祖が40日間滞在して直接指揮をとりました。

長慶寺は1683年に建立された寺院で、南漢山城の建築を手伝っていた全国の僧侶が宿泊しました。朝鮮時代の僧侶が国のために活動していたことが分かる文化財です。僧兵のために作られた9つの寺の中で唯一保存されている場所です。

南漢山城の行宮は、国の戦争の際、首都の役割の代わりをする避難場所として使用されました。他の行宮とは違なり、国家の仕事の処理のための施設が備わっており、宗廟や社稷の空間が設けられています。

崇烈殿(スンニョルジョン)は百済を建国した温祚(オンジョ)王と山城築城当時の責任者だった将軍を祀った祠堂で、現在でも南漢山城に関する大きな行事があるたびにここで祭祀が執り行われています。

リンク

Imagine your Korea