日本語 > 文化&芸術 > ユネスコ世界遺産 > 済州火山島と溶岩洞窟

済州火山島と溶岩洞窟

フェイスブック ツイッター コピー 印刷
済州火山島と溶岩洞窟
  • 済州火山島と溶岩洞窟
  • 済州火山島と溶岩洞窟
  • 済州火山島と溶岩洞窟
  • 済州火山島と溶岩洞窟

住所

済州島一帯

問合わせ

+82-64-710-6657

概要

韓国の最南端に位置する済州道(Jeju Special Self-Governing Province)は、数百万年前から発生した火山活動によって作られた火山島で、重要な学術的価値はもちろん、自然景観にも優れ、世界的なリゾート地に選ばれる韓国最大の島です。

2010年10月、済州道にある9つの地質名所が、ユネスコ世界地質公園ネットワーク(UNESCO Global Geoparks Network)により、ユネスコ世界地質公園に認証されました。世界地質公園は、ユネスコが地質学的に優れ、学術や自然遺産的に価値のある地域を保全しながら、これをもとにした観光事業の活性化と、それによる地域住民の所得増加を主な目的としてつくられたプログラムです。認証評価はユネスコ世界地質公園ネットワーク(GGN)による書類審査の後、調査団を済州に派遣し、現地調査によって行われました。詳細な評価項目の内容には、地質名所の数と多様性、地質現場と特徴が棄損されるのを防ぐための戦略、総合的な管理計画の樹立、情報センターの運営、観光客専用の交通手段などがあります。

韓国の地質名所が世界地質公園に認証されたのは今回が初めてで、これで済州道は2002年の生物圏保全地域、2007年の世界自然遺産に次いで3つ目の登録となり、ユネスコの自然環境分野で3冠王に輝きました。

漢拏山(ハルラサン)
済州道の中心に位置する漢拏山(標高1,950m)は韓国で最も高い山で、玄武岩でできた休火山です。周辺には360もの寄生火山“オルム”があって独特な景観となっており、頂上には円周約3km、直径500mの火口湖「白鹿潭」があります。1年を通して美しく、高地のため多様で珍しい生態系を保存する天然保護区域です。

城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)
城山日出峰(標高182m)は、10万年前に海底から火山が爆発してできた峰で、海岸の絶壁に沿ってまるで昔の城のように雄大に聳えています。元々は火山島でしたが、地面と島の間に砂と砂利が積もって陸地と繋がりました。頂上から眺める日の出の光景は、済州道のなかでも最も美しい場所とされます。

万丈窟(マンジャングル)
万丈窟は世界で最も長い溶岩洞窟で、幅約5m、高さ5~10m、総13,422mに及びます。約250万年前に形成された洞窟で、保存状態が良く、内部には雄大で神秘的な世界が広がっています。洞窟の中を1kmにわたって歩きながら観賞することができます。

リンク

Imagine your Korea